メンズ

きちんと開けるという強み|中綴じ印刷で資料作成を依頼してみよう

名刺

版が不要になる

印刷物には版が必要です。名刺も同じです。版を改定する度に費用が掛かります。また、版の変更で納期が長引きます。これらの問題を解決するためには、版を必要としないデジタル印刷を利用することがお勧めです。デジタル印刷を利用することで、名刺の納期もかなり短縮されます。

ノベルティ

デザインの変更が簡単

販促グッズの制作を行っている業者に依頼すると理想的なデザインのものが手に入るのがメリットです。大まかな既成のデザインから仕様変更を行ってもらうことで、社風に合わせた販促グッズを簡単に開発することができます。

印刷

自作か業者に依頼するか

名刺作成を業者に依頼する場合、枚数とテンプレートを決めて個人情報を記入し、顔写真などのデータを渡すという流れになります。自作する場合は、パソコンのソフトでデータを作成し、用紙を買ってプリントアウトするという流れです。

資料やパンフレット制作

紳士

印刷物の基礎知識

印刷物を求める場合は、依頼者が予め印刷物に対する基礎知識を持ち合わせておかなければなりません。印刷物には主に無線綴じ印刷と中綴じ印刷があります。無線綴じ印刷は、辞書などのページ数の多い印刷物に最適です。中綴じ印刷は、ページ数が少ない簡易的な資料やペンフレットなどに力を発揮してくれます。中綴じ印刷の特徴は、開いた場合、根本まで開きやすい特徴を持ち合わせています。図柄や写真などを両開きに渡って示したい場合などに最適です。中綴じ印刷であれば、少し厚みのある紙の使用も容易になるため、質の高い資料、パンフレット制作などにも効果を発揮させてくれるのです。また、人の手で直接、不特定多数の方に配布する場合は、丸めて配布した方がいいでしょう。その点も、中綴じであれば可能になるので利用しやすいです。その他にも中綴じ印刷は、一枚の紙に対して左右、裏表を印刷する事になるために、印刷の仕方に対して煩雑になりやすい特徴があります。そのため、専門の業者に依頼をすることが大切です。依頼する側は、ページの順序にデータを納品するだけでしっかりと仕上げてくれます。中綴じ印刷に限らず、複数必要な印刷物を求める場合は、印刷を専門とする業者に依頼するのが常識です。インク代や印刷物に必要な紙などは、業者が大量に仕入れる事で仕入れ単価を抑えているためです。個人向けや企業向けに市販されている印刷機の多くは、印刷機を市販している企業がインク代で利益を多く得ようとしています。この様な知識に対してもしっかりと知っておくのもポイントです。