色見本

きちんと開けるという強み|中綴じ印刷で資料作成を依頼してみよう

版が不要になる

名刺

迅速な納期が可能

印刷を外注するには版が必要となります。そのため、改版の度に新たな版代が掛かることになります。ビジネスマンが利用する名刺も同じです。転勤や昇進での急な改定の場合、営業マンが新しい名刺を持てない場合も出てきます。名刺印刷ソフトを導入すれば、これらの問題は一挙に解決しますが、中小零細企業や個人事業主にとっては、費用的にも厳しいものがあります。そこでお勧めなのが、版を必要としないデジタル印刷を利用することです。デジタル印刷であれば、改版のための費用は一切掛かりません。その上、納期も中1日と大幅に短縮できます。更に最近では、午前中のネット注文で即日発送もできるようになりました。デジタル印刷の名刺注文は、大手文具用品サイトでも扱っています。ネットの名刺レイアウトサイトを利用すれば、入力内容もロゴも自由に編集できます。注文ごとに内容を変更することも可能です。普通の名刺では味気ないという人には、イラストや透かしを入れられるものもあります。インパクト重視で自分だけの個性的な名刺を作ってもいいでしょう。入力内容もビットが細かいので、出来上がりも活版印刷に負けないくらいの質の高さです。中小零細企業にとって、デジタル印刷は費用対効果の面でも大きく貢献しています。インターネットを利用すれば全国で利用できるので、あらかじめ注文しておいて、転勤先に届けてもらうという活用方法もあります。